天然石ビーズパーツの専門通販サイトカラフルビーズ
天然石ビーズやパワーストーンの新着一覧
14KGFやシルバー925をパーツから探す
14KGFやシルバー925をパーツから探す
天然石の名前から探す
天然石形状から探す

Page Top

14KGF

14KGF 14金ゴールドフィルドとは

14KGF、14金ゴールドフィルドとは

14KGF(14金ゴールドフィルド)は、一種の高品質な金メッキ技術を指します。この名前は、14K(つまり、金の純度が58.5%)の金が真鍮などの基盤材料(通常は真鍮)の重量の5%分を覆っていることから名付けられました。このプロセスは高温と圧力を使用して、金と基底材料を永久に結合します。これにより金がはがれたり、色が変わったりすることはほとんどありません。

14KGFは日本では「金張り」とも呼ばれています。その製法には長い歴史があり、特に欧米では本格的なジュエリーパーツとして根強い人気があります。

14KGFのジュエリーは純金のような豪華さと輝きを放つ一方で、価格は比較的お手頃です。そのため、気軽に本物の金の輝きを楽しみたい方々に特に人気があります。さらに、14KGFの製品は耐久性が高く、適切に管理されていれば長期間にわたりその美しさを保つことが可能です。これらの特性が組み合わさって、14KGFは多くの人々にとって魅力的なアイテムとなっています。

14KGFと金メッキの違い

14KGFと金メッキの違い

14KGFは14K Gold Filled(14金ゴールドフィルド)の略で、これは一種の金属加工法を指します。14KGF製品は、ベースメタル(通常は真鍮または銀)の周りに14金を高圧と熱を使って結合させたものです。結果として得られる金の層は、一般的な金メッキ製品よりもはるかに厚く、全体重量の1/20以上が14金になることが規定されています。

金メッキ(Gold Plating)については、金イオンを電解液に浸した物体に電流を流し、金を物体の表面に付着させる電気めっき法を使います。この方法で作られた製品は、金の層が非常に薄いため、長期間使用すると徐々に剥がれてしまう可能性があります。金メッキ製品は、金の量が少ないため、一般的には14KGF製品よりもコストが低くなります。

両者の大きな違いは、金の量と耐久性にあります。14KGF製品は金の層が厚いため、長期間使用しても金の輝きが持続します。一方、金メッキ製品は金の層が薄いため、使用を続けると金の層が剥がれてしまう可能性があります。そのため14KGF製品の方が通常は高品質と見なされ価格もその分高くなります。

14KGFのお手入れについて

14KGFのお手入れ

14KGF(14金ゴールドフィルド)は金の厚い層を他の金属(通常は真鍮)に圧着したものです。その結果、14KGFは本物の金の外観と質感を持ちながらも、本物の金よりも手頃な価格で提供されています。適切なお手入れをすることにより長期間にわたりその美しさを保つことが可能です。

以下に、14KGFのお手入れ方法をいくつかご紹介します。

ジュエリーの清掃:定期的にジュエリーを優しく洗うことは、良好な状態を保つための基本です。温かい水と少量の中性洗剤(たとえば食器用洗剤)を混ぜたものを使用し、やわらかい布で優しく拭きます。こすり洗いは避け、洗った後はしっかりと水ですすぎ乾燥させます。

避けるべきもの:14KGFジュエリーは、化粧品、香水、毛染め、塩水、塩素水などの化学物質に弱いです。これらの物質に接触すると変色や劣化を引き起こす可能性があるため、ジュエリーを着ける前に化粧品や香水を塗り、海水やプールに入る前には必ずジュエリーを外すようにしましょう。

保管:14KGFジュエリーを使用しないときは、湿度と直射日光から遠ざけ、専用のジュエリーボックスや布袋に保管することが最適です。また、ジュエリー同士が接触して傷がつくのを防ぐため、個別に保管することをおすすめします。

これらのケアの方法を守ることで、14KGFのジュエリーは長く美しく保つことができます。

  • 14KGF expand_more


全693件
全693件